iPhone/iPod touchをお風呂で使う

iPhoneやiPod touchをお風呂でも使いたいと思い、iPhoneでも使えそうな防水スピーカーを探してみると、TWINBIRD AV-J122Wリラックオン SK-SPK01Pといった製品が見つかりました。

Twinbird_avj122w Sknet_skspk01p

しかしながら、これらの製品だとiPhoneをとても大きな防水ケースに入れて操作しなければいけないため、あまりスマートではありません。iPhoneやiPod touchはなるべくその筐体にフィットした小さな防水ケースに入れ、防水スピーカは外付けで繋ぐ方式のものはないかと探してみたところ、とてもよいソリューションを見つけました。

ステレオBluetoothスピーカー(SBS-BTSKT01/WH)は、BluetoothのA2DPで接続でき、防滴仕様のステレオスピーカです。現状iPhoneもiPod touchもA2DPには対応していませんが、サンワサプライのBluetoothアダプタを使用すれば、iPhone/iPod touchと接続できるはずです。後は、Bluetoothアダプタをつけた状態のiPhoneが入る適当な防水ポーチを見つければ、お風呂の中でも快適に音楽やインターネットを楽しめます。

今回、私が試した「お風呂でiPhone」に必要なものは以下の通りです。

  • iPhoneまたはiPod touch
  • ステレオBluetoothスピーカー (SBS-BTSKT01/WH)
  • A2DP対応のBluetoothアダプタ (サンワサプライ MM-BTAD10BK)
  • BTアダプタをつけたiPhoneまたはiPod touchが入る防水ポーチ (約7cm x 14cm)
Touch_in_the_bath

iPod touchの防水ポーチには、アクアトーク スライドを使用しました。実際にiPod touchを入れてみると、高さ方向はちょっと余裕がありすぎますが、幅はちょうど良い感じです。また、防水ポーチに入れた状態でのiPod touchの操作も問題ありません。

Touch_w_aquatalk

BluetoothスピーカSBS-BTSKT01のパスコードは0000に固定ですが、サンワサプライのBTアダプタは0000, 1234, 8888に対応しており、ペアリング時にこれらのパスコードを順番にチャレンジしてくれるため、SBS-BTSKT01とも問題なく繋がります。

実際に使用するときの手順は簡単で、先にBluetoothスピーカSBS-BTSKT01の電源を入れるとペアリング開始モードになるため、iPod touch側でどれかの音楽の再生を開始させれば、BTアダプタがペアリングを成功させ、その後スピーカから音楽が流れ始めます。

BluetoothスピーカSBS-BTSKT01の音質は決してよいとは言えませんが、密閉された浴室の適度にエコーがかかる環境では、それほど悪くないと思います。また、SBS-BTSKT01は思ったより筐体が小さいため、浴室内での置き場所にも困りませんし、ビーチで音楽を聞くのにも適しています。

Sbsbtskt01

理想を言えば、やはりiPhone/iPod touch本体がA2DP対応して、iPhone/iPod touchにぴったりフィットする防水ケースがあればよりスマートになります。しかし、現時点でのこのソリューションでもかなり満足で、妻にもとても気に入ってもらえました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

jailbreak時にrsyncでホームディレクトリを復元する

iPhone Dev TeamのPwnage Tool(Windows向けには、firmware 2.0.2にも対応したQuickPwnも出ている)のおかげで、iPhone 3Gに移行した後も無事にjailbreakできています。やはり、純正AppStoreのアプリだけでは満足できないため、今後もjailbreakは必須になりそうです。

しかしながら、jailbreak環境のファームウェア・アップデート作業後は、必ずホームディレクトリが初期状態に戻ってしまうため、以前の環境を復元するのは面倒です。音楽やカレンダ、アドレスブック、AppStore経由のアプリはiTunesとの再同期で以前の環境を復元できますが、それ以外のホームディレクトリのデータ(~/.bashrcや独自にコピーしたファイル)はiTunesでは復元されないため、別途バックアップ/リストアを行う必要があります。

バックアップ/リストアのツールと言えば、やはりrsyncが柔軟で信頼できる代表的なツールであることから、iPod touch/iPhone用のバックアップスクリプトを作成してみました。

バックアップ先はsshログイン可能なPCあるいはMacを前提とします。また、iPod touch/iPhoneはjailbreak済みであり、Cydiaを使ってOpenSSHとrsyncがインストール済みであるとします。

rsyncコマンドは、バックアップ先とiPod touch/iPhoneのどちらで実行しても構いませんが、ここではiPod touch/iPhone上でrsyncコマンドを実行することにします。以下のスクリプトは、iPod touch/iPhoneのホームディレクトリ/var/mobileをPCあるいはMacの~/Backup/iPhone/mobileにバックアップするためのものです。

#!/bin/sh
# backup.sh
rsync -a -E --delete --progress \
--exclude="mobile/Applications" \
--exclude="mobile/Library" \
--exclude="mobile/Media/iTunes_Control*" \
--exclude="mobile/Media/ApplicationArchives" \
--exclude="mobile/Media/DCIM" \
--exclude="mobile/Media/Downloads" \
--exclude="mobile/Media/Photos" \
--exclude="mobile/Media/Purchases" \
--exclude="mobile/Media/com.apple*" \
/private/var/mobile <user>@<backup-host>:~/Backup/iPhone

基本的に、iTunesで復元可能な~/Applications、~/Library、および~/Media内のApple管理対象ディレクトリはバックアップの対象から外しました。

jailbreak後にリストアする場合は、以下のスクリプトを使用します。安全のためリストア時には--deleteオプションを外しています。

#!/bin/sh
# restore.sh
rsync -a -E --progress \
--exclude="mobile/Applications" \
--exclude="mobile/Library" \
--exclude="mobile/Media/iTunes_Control*" \
--exclude="mobile/Media/ApplicationArchives" \
--exclude="mobile/Media/DCIM" \
--exclude="mobile/Media/Downloads" \
--exclude="mobile/Media/Photos" \
--exclude="mobile/Media/Purchases" \
--exclude="mobile/Media/com.apple*" \
<user>@<backup-host>:~/Backup/iPhone/mobile /private/var

なお、スクリプト中のbackup-hostはバックアップ先PCまたはMacのホスト名(またはIPアドレス)に、userはPCまたはMacのアカウント名に置き換えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sun Microsystems、iPhone SDK公開を受けてiPhone向けJava MEの開発を表明

Sun MicrosystemsはiPhone SDKの公開を受けて、iPhone向けJavaプラットフォームを開発することを明らかにしました。

これが実現されるならば、Java開発者にとってはとても嬉しいニュースです。しかしながら、Java on the iPhoneに関しては2つの観点で心配な点があります。

まず1点目は、前のエントリで書いたように、VMやスクリプト言語環境のランタイムとそのランタイムを前提とするアプリケーションの両方がサードパーティソフトウェアであるという構成を、iPhone OSがサポートするかどうかが現時点で不透明であるということです。Javaランタイム環境がiPhone OS 2.0に予め含まれる構成になるのであればおそらく問題はないのでしょうが、現時点ではAppleはiPhoneにJavaを載せることに関してはあまり積極的ではありません。LeopardのXcode 3.0でCocoa Javaプロジェクトがサポートされなくなったことからも、AppleがJavaの採用に積極的でなくなったことが分かります。

2点目は、iPhone OSのユーザインタフェース(Core touch)はJava MEの標準APIでだけではサポートしきれないということです。これはJava SEを採用するとしても同様です。iPhoneアプリケーションの魅力は、Multi-Touchイベント/コントロールと加速度センサ(Accelerometer)が利用できることによるものが大きいです。これらのAPIやiPhone独特のUIがJava APIで利用できないのであれば、iPhone開発者が開発言語として積極的にJavaを採用する理由がありません。おそらく、これらiPhoneの独自機能を利用できる拡張APIをJava MEに追加することになるのだろうと思います。

いずれにしてもiPhone OS 2.0を取り巻く各社の動向には暫く目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後

もうご覧になった方も多いと思いますが、3月6日にiPhoneソフトウェアのロードマップが発表され、そのプレスイベントのビデオが公開されています。

iPhoneソフトウェアは6月にバージョン2.0となる予定で、エンタープライズ向けに以下の広範囲な機能追加が行われることになっています。

  • Push email/calendar/contacts (MS ActiveSync)
  • Global address list
  • Cisco IPsec VPN
  • Certificates and Identities
  • WPA2/802.1x
  • Enforced security policies
  • Device configuration
  • Remote wipe

また、同時にデベロッパー向けに公開されたiPhone SDKのβ版では、Core OS/Core Services/Media/Core Touchの全てのレイヤのAPIのドキュメントおよびサンプルコードが公開されています(上記、2.0の仕様は非公開)。

アプリケーションの配布については、予想通りiTunes Storeの音楽配信と同様にAppleが管理するApp Storeからの配信によるインストールのみが許されることになりました。このアプリケーション配信サービスを利用するデベロッパーはアプリケーションの有償無償に関わらず、$99のiPhone Developer Program(または$299のEnterprise Program)に加入しなければなりません。

ここで気になるのは、App Store開始後のjailbreakを前提とした従来のパッケージマネージャであるapp tapp InstallerCydiaの将来です。Appleは登録依頼のあったアプリケーションの登録を拒否することもできるため、InstallerやCydiaのようなAppleのコントロール下にできない二次配布を行うソフトウェアのApp Storeへの登録を拒否するかもしれません。また、仮にこれら二次配布を行うソフトウェアが許可されたとしても、ルートディレクトリ配下にインストールされることを前提としたアプリケーションはインストールできない可能性が高くなります。アプリケーションのインストール先はディレクトリ~mobile/Applications/配下に限定されることになるでしょう。JavaやRubyなどのサードパーティのラインタイムとそのランタイムを前提としたサードパーティのアプリケーションという構成や、実行にルート権限を必要とするsshdなどのデーモン型のアプリケーションをiPhone OS 2.0配下で実現可能かは現在のところ不透明です。

App Storeによるサードパーティアプリケーションの配布システムはおそらく成功するでしょう。しかし、もし、Flash、Java、Ruby、Pythonなどのランタイム環境のどれをiPhone OSとして採用するかがAppleのビジネス的な方針によってコントロールされるようになるのであれば、大変残念なところです。

6月のApp Storeの開始を待ってみなければ上記の詳細は分かりませんが、iPhone/iPod touchがオープンプラットフォームとしても魅力的なデバイスでいてくれることを望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jay Freeman氏、Debian APTベースの新しいパッケージマネージャCydiaをリリース

Cydiaicon

iPhone/iPod touch向けにJavaベースのUIKitレイヤJocStrapを開発したJay Freeman (saurik)氏が、Linuxの世界では有名なDebianパッケージマネージャAPTをベースに新しいiPhone/iPod touch向けパッケージマネージャをリリースしました。

iPhone向けのパッケージマネージャとしては既にapptapp Installerが不動の地位を確立していますが、より標準的で実績のあるDebianパッケージを採用したことにより、バージョン管理や多段の依存関係管理ができるメリットがあるだけでなく、多くのUNIX資産をiPhoneに移植・配布する敷居が1つ低くなったと言えます。

それよりも、もっと嬉しいメリットとして以下が挙げられます。

  • ファームウェア1.1.3から問題を起こしているBSD Subsystemのpasswdコマンドによる/etc/master.passwd破壊の問題が解決する
  • ファームウェア1.1.3から、mobileアカウントでsshログインしようとすると直ぐに接続が解除されてしまう問題(rootアカウントでは問題なし)が解決している
  • ruby: GCのバグを修正した新しいバージョンがインストールでき、irbやrubygemsがきちんと使えるようになっている
  • python: PyObjCが使えるようになり、pythonからでもUIKitベースのGUIアプリケーション開発ができるようになっている

その他、X11のクライアントライブラリが移植されているようで、テストアプリとしてxeyesが用意されています。残念ながら私の環境ではsshのX11 forwardingがうまくいってなくて表示できていませんが、将来的にX11アプリケーションも充実していく可能性があります。

パッケージマネージャのCydia.appそのものはInstaller.appのSystemカテゴリからインストールできます。ただし、ここで注意しなければいけないのは、Cydiaをインストールする前にルートパーティションに35MB程度の空き容量が必要だということです。私の場合は、Java関連一式、Ruby、Pythonを削除(いずれもCydiaから新しいバージョンをインストール可能)して、35MBの空きを確保できました。

またもう一つの注意点は、CydiaのインストールプロセスはBSD Subsystemのアンインストール、デフォルトで用意されるBSD Subystem互換セットのインストールやディレクトリの移動などに少し時間がかかります。ですので、iPhone/iPod touchが自動スリープしないように、予め「設定>一般>自動ロック」を「しない」に設定しておいてからCydiaのインストールを開始することをお勧めします。

インストールが完了したら、Cydiaを起動後、右上の丸い矢印のアイコンを(ちょっと押しにくいですが)タップするとパッケージリストを取得して、様々なアプリケーションをインストールできるようになります。ユーザインタフェースはInstaller.appとそっくりなのでほとんどの方は迷わず使えると思います。

CydiaCydia2

Cydiaのインストールが完了した時点では、/usr/shareが丸ごと/private/var/shareに移動されているため、ルートパーティションの空き容量は私の場合35MBから123MBに増えました。

また、Cydia.appとInstaller.appの共存も可能なようです。既存のアプリケーションの中には従来のBSD Subsystemに依存しているものも多いのですが、Cydia.appではBSD Subsystem互換セットがインストールされるため基本的に問題ありません。後は、CydiaとInstallerの両方に同じアプリケーションが登録されている場合があるので、両方に登録されているアプリケーションをどちらか片方のパッケージマネージャでのみアップデートするように気をつければ問題ないと思います。

なお、JamVM、JocStrapなどJava開発ツールは今後Cydiaでのみアップデートしていくようなので、Java on iPhoneに興味のある方はCydiaの導入をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1.1.3 jailbreak: iPhone Dev Team Official vs. iJailBreak 0.4.1

iPhone/iPod touchをファームウェア1.1.3のjailbreak環境にするには、iPhone Dev Teamによるオフィシャルな方法とiJailBreak 0.4.1の2つの方法が知られています。どちらを選択すべきかは、皆さんの環境や1.1.3環境の出来上がり具合で判断する必要がありそうです。

具体的な手順は他の方のブログサイトに譲るとして、ここではそれぞれの方法の利点と欠点を紹介し、自分にとってどちらの手順が好ましいかを判断するための情報を紹介しようと思います。

iPhone Devチーム・オフィシャル手順の特徴:

まず、オフィシャル版の手順の大まかな流れは、以下の図のようになります。

113_jailbreak_official_2

ここで注意しなければならない点は、1.1.3 jailbreakへ変更するためには1.1.2 jailbreak環境が必要なのですが、1.1.1 jailbreakから1.1.2 jailbreakに変更するにはiTunes 7.5環境が必要になってしまう点です。既に、iTunes 7.6にアップデートしてしまっている場合は、もう一台のMac/PC環境でiTunes 7.5を用意する必要があります。物理的に別のマシンが用意できない場合は、VMWareやPallarelsなどのWindows仮想環境を利用するとよいでしょう。

1.1.1の状態から始めると非常にたくさんのステップを踏む必要がありますが、それほど複雑な手順はなく、出来上がる1.1.3 jailbreak環境も日本語表示されていますので、基本的にはオフィシャル版の方法がお勧めです。以下に、オフィシャル版手順の特徴をまとめます。

利点

  • 手順は難しくない
  • 日本語のリソースがきちんと反映されている

欠点

  • 1.1.2 jailbreakを用意するために、iTunes 7.5環境が必要
  • リカバリ手順が長い
  • 追加アプリケーションはiTunes 7.6から購入する必要がある(¥2,480)
  • 追加アプリケーションを有効にしないとアイコン位置の編集機能も使えない

詳細手順

手順の詳細は、iPod touchラボさんのガイドで分かりやすく説明されていますので、そちらを参考にしてください。

iJailBreak 0.4.1手順の特徴:

一方、iJailBreakの手順では、最新のiTunes 7.6の環境のままで問題ありません。また、1.1.1 jailbreakと1.1.2 jailbreakのどちらからでも1.1.3 jailbreak環境に移行することができます。

Ijailbreak_041


しかし、iJailBreak 0.4.1は、Mac OS Xでのみ利用可能であること、現状、intel Macでのみ実行可能であるという制約があります(iJailBreak 0.5.xではPPCもサポートされました)。

また、iJailBreakが完了すると、1.1.3アップグレードユーザが本来¥2,480($20)払わなければ入手できないはずの追加アプリケーションもインストールされます。リリースノートには、合法的であるとの記述がありますが、実際のところは私にもよく分からないため、各自の判断で利用してください。ただ、実際にはオフィシャル版の手順でもファームウェアをアップグレードしただけで/Applications配下にMobileMail.appやMaps.appは存在し、SpringBoard上に表示されないだけの状況になっています。仕組みとしてはiTunesにおける1月のアップデート購入のタイミングでこれらの追加アプリケーションがダウンロードされるわけではなく、表示が有効になるということのようです(QuickTimeの有償Pro機能と同様)。従って、iJailBreakが行っている処理もSpringBoradに対して、これら追加アプリケーションの表示を有効にしているだけだろうと想像されます。

なお、残念なことに、iJailBreak後の1.1.3は、日本語のリソースバンドルがインストールされないため、表示が全て英語表記になります。もちろん、日本語キーボードは使用できますし、リソース以外の日本語の入力/表示は全く問題はありませんが、英語表記が気になる方は現状ではiJailBreakの手順はお勧めしません。以下に、iJailBreakの場合の特徴をまとめます。

利点

  • 1.1.1 jailbreak、1.1.2 jailbreakどちらからでも移行が可能
  • iTunes 7.5環境が必要ない
  • 追加アプリを購入しなくてもインストールされる

欠点

  • PPC MacおよびWindowsでは利用できない
  • 日本語リソースがインストールされない
  • 手順がやや分かりにくい
  • 追加アプリを購入しなくてもインストールされる(合法的?)

詳細手順

iJailBreak 0.4.1の詳細な手順は、iPod loveさんのページで画面のスナップショット付きで大変分かりやすく解説されています。

なお、iJailBreak完了後は、/var/root/Media/softupgrade/に300MBのインストールイメージの残骸が残っていますので、手動で削除するか、Installer.appから"1.1.3 Soft Upg. Cleaner"をインストール/アンインストールしてください(アンインストールしたタイミングで該当ディレクトリが削除されます)。

【追記 2008.2.13】

iJailBreakは、0.5.xでPowerPC Macがサポートされたようです(個人的には未確認)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1.1.3 jailbreak後にパスワードを変更するとSpringBoardが再起動を繰り返す問題

iPhone/iPod touchを1.1.3 jailbreakした後、passwdコマンドでパスワードを変更すると、SpringBoardが数秒毎に再起動を繰り返してしまう問題が発生します。これは、BSD Subsystemに含まれるpasswdコマンドがファームウェア1.1.3の/etc/passwdおよび/etc/master.passwdファイルを壊してしまうことにより引き起こされる問題のようです。

したがって、BSD Subsystemのこの問題が解決されるまでpasswdコマンドを実行してはいけません。かといって、ユーザrootとmobileのパスワードをデフォルトのalpineにしておくわけにはいきませんので、以下の手順に従って/etc/master.passwdを直接編集しておくことをお勧めします。

/etc/master.passwdは以下のように1カラム目がユーザ名、2カラム目がDESエンコードしたパスワードになっています。

##
nobody:*:-2:-2::0:0:Unprivileged User:/var/empty:/usr/bin/false
root:/smx7MYTQIi2M:0:0::0:0:System Administrator:/var/root:/bin/sh
mobile:/smx7MYTQIi2M:501:501::0:0:Mobile User:/var/mobile:/bin/sh
daemon:*:1:1::0:0:System Services:/var/root:/usr/bin/false
unknown:*:99:99::0:0:Unknown User:/var/empty:/usr/bin/false
_securityd:*:64:64::0:0:securityd:/var/empty:/usr/bin/false

この2カラム目をviなどを使用して編集すれば問題は解決します。Mac OS Xにはcryptコマンドがありませんので、代わりにperlのcrypt()関数を使用してDES暗号化されたパスワード文字列を取得します。

$ perl -e 'print crypt("YOUR_PASSWORD", "SA"), "\n";'
SAb.ud/B16dTo

ここで、YOUR_PASSWORDの部分を実際に使用するパスワードに変更してください。SAの部分はsaltと呼ばれる暗号化の種ですので、任意の2文字を与えてください(例えば、パスワードalpineの暗号化には"/s"が使われています)。crypt()関数の実行結果としてsalt2文字から始まる13バイトの文字列が得られますので、これを/etc/master.passwd内のパスワード(/smx7MYTQIi2Mの部分)と置き換えて保存します。

【追記 2008.3.01】

apptapp Installerから導入されるBSD Subsystemでは未だに解決されていませんが、Jay Freeman氏による新しいパッケージマネージャCydiaからインストールされるBSD Subsystem互換セットではこの問題が解決されています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Snapshot - screen snapshot utility for iPhone/iPod touch

Icon

Snapshot is a utility of taking snapshots of screen image of iPhone/iPod touch.

In order to take snapshot, follow these steps:

  1. tap on Snapshot.app on your iPhone/iPod touch.
  2. choose the preferred snapshot delay on the dialog.
  3. choose the number of snapshots after the delay.
  4. after that, change the screen that you want to snapshot before the snapshot delay has expired.
  5. if snapshot succeeded, the snapshot notification dialog will appear.
  6. the snapshot image is stored in your home directory. The file name is like snapshot-mmddhhmmss.png.

This application is implemented as a shell script with Erica's Utilities. So you can easily customize the behavior, alternatives of delay value or snapshot file name, by editing the file main.sh located in Snapshot.app.

If you are interested in this application, add my apptapp repository http://javaflavor.cocolog-nifty.com/apptapp/ to your Installer.app. Snapshot will appear in the category Utilities.

If you want to manually install the application, download the application from the following link, copy it to your iPhone/iPod touch and expand it under /Applications directory.

Note that Snapshot requires Erica's Utilities and BSD Subsystem. These required softwares can be installed from Installer.app.

FYI: we shall not be liable for any damage or data loss arising out of or resulting from your use of this software.

History:

  • 1.0 Initial version. (1/12/2008)
  • 1.1 Small changes to work on firmware 1.1.3. (2/02/2008)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Respring - restarts SpringBoard with two taps on iPhone/iPod touch

Icon

Respring is the small application which restarts SpringBoard. Some other applications like SysInfo have the same feature. But this applications is very easy to use.

Interestingly, this application is implemented as a shell script with the alert command of Erica's Utilities:

#!/bin/sh
/var/root/bin/alert -C -b 'Restart SpringBoard now?'
if [ "$?" = "1" ]; then
  launchctl stop com.apple.SpringBoard
fi

If you are interested in this application, add my apptapp repository http://javaflavor.cocolog-nifty.com/apptapp/ to your Installer.app. Respring will appear in the category System.

If you want to manually install the application, download the application from the following link, copy it to your iPhone/iPod touch and expand it under /Applications directory.

Note that Respring requires Erica's Utilities and BSD Subsystem. These required softwares can be installed from Installer.app.

FYI: we shall not be liable for any damage or data loss arising out of or resulting from your use of this software.

History:

  • 1.0. Initial version. (12/30/2007)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

jiggy - JavaScriptベースのiPhone/iPod touch開発ツール

iPhone/iPod touch向けのもう一つの開発ツールが登場しました。jiggyはmozilla.orgのSpiderMonkeyをベースに独自拡張したJavaScriptエンジンを用い、UIKitベースのスタンドアロンアプリケーションをJavaScriptシンタックスを用いて簡単に行うことができます。

jiggyのユニークな点は、開発環境としてWebブラウザを使用し、JavaScriptの編集からアプリケーションのパッケージングまで全てWebブラウザで行うことができる点です。

現在のiPhone/iPod touchの制約により、GUIのアプリケーションを同時に複数起動することができません。そのため、通常Jiggyアプリケーションの開発はiPhone/iPod touchとは別のマシンのWebブラウザが必要になります。JiggyのIDEはAJAXを使用しており、非常によくできたインタフェースなので、もしJiggy IDEとMobileSafariを同時に起動することができれば、スタンドアロンのアプリケーション開発ツールとして十分実用になるはずです。幸いJiggy IDE自身もJavaScriptで書かれているため、サーバ側のパスワード変更画面を表示させないようにスクリプトを修正し、Term-vt100からコマンドラインでバックグラウンド実行できるように修正してみました。結果はJiggy IDEのサーバ側の起動はうまくいきましたが、残念ながらエディタペインの部分が以下のようにぐちゃぐちゃになってしまい、事実上MobileSafariでの使用は不可能でした。

Jiggy

エディタペインの元になっているEditAreaのサンプルをMobileSafariで見ても同じ現象となるため、原因はEditAreaとMobileSafariとの相性問題のようです。

残念ながらJiggy IDEのスタンドアロン利用はできませんが、Javaと同様、ソースコードエディタとして、viかTextEdit.appを使用すれば、iPhone/iPod touchだけでアプリケーションを開発することは可能です。

JiggyのJavaScriptランタイムはJamVMよりメモリフットプリントが小さく、コンパイルも不要であるため、非常に手軽にアプリケーション開発が可能です。

【追記 2008.2.23】

現在、Installer.appから取得できるjiggy 0.21はファームウェア1.1.3では正しく動作しません。1.1.3に対応したjiggy 0.25をインストールするためには、http://jiggyapp.com/iをInstaller.appのリポジトリに追加する必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

applescript | book | camcorder | development | english | iphone | ipod | java | linux | mac | solaris | 携帯