« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

iPhone 3GにブループランSSで機種変更しました。

専用USIMだとか、A2DPがないとか、BluetoothでiSyncできないとか、SafariでFlashやJavaが動かないとか、まだまだ不満はあるけれど、やはりモバイル環境でのSafariのブラウジングは秀逸で、iPod touch+WMWiFiRouter(またはWalkingHotSpot)じゃなく1台で全てが完結する魅力は十分であると判断し、iPhone 3Gを買うことにしました。発売開始当日の7月11日は仕事の関係で入手することはできませんでしたが、2週間遅れで無事入手することができました。

購入したのは昨日の土曜日、ヨドバシカメラ朝10:00で、開店の30分遅れだったため、16GB黒は既に完売しており、16GB白を購入しました。

今回は機種変更(買い増し)なので、ブループラン・バリューに料金プランを変更したかったのですが、ヨドバシカメラではなぜかブループラン・バリューが選べないと言われました。隣の新規加入のお客さんはWホワイトを強制されているようでしたので、Wホワイトにされるよりはましだろうと思い、仕方がなく従来通り通常のブループランSSのまま契約しました。SoftBankのサイト「iPhone 3G その他の料金プラン」ではブループラン・バリューを含め、確かに全ての料金プランが選べることになっています。他の販売店を調査してみてもよかったのですが、どの販売店も販売奨励金にからむ利益確保の事情があることは変わらないでしょうし、こちらとしても端末代金一括払分のヨドバシ10%ポイント還元を頂きたい思惑もあるため、あまり食い下がることはしませんでした。

実際には、ブループランに対するブループラン・バリューのお得感は、新スーパーボーナスの特別割引を含めると僅かです。これはブループラン・バリューの端末代金の特別割引が通常より650円減額されることによります。今回の例を紹介しますと、私の場合、前回の機種変更から1年半で、端末代金を一括で支払ったため(毎月の端末割賦金の支払はなし)、毎月のランニングコストは以下のように6,365円になります。

買い増し(1年半〜2年)後の24ヶ月の場合:

ブループランSS(i)プラン 3,570
家族割引MAX50 -1,785
パケット定額フル 5,985
S!ベーシックパック(i) 315
特別割引(新スパボ) -1,720
合計 6,365

一方、もしブループラン・バリューが契約できたとすると基本料金は945円になり840円お得になりますが、端末代金の特別割引が650円減額になるため、この場合のランニングコストは、6,175円です。

買い増し(1年半〜2年)後の24ヶ月の場合:

ブループランSS(i)バリュー 1,890
家族割引MAX50 -945
パケット定額フル 5,985
S!ベーシックパック(i) 315
特別割引(新スパボ) -1,070
合計 6,175

以上のように、今後2年間に関しては両者の違いは190円/月しかないことになります。おそらく、今後2年の間にはまた機種変更するか、より魅力的な料金プランに変更することになると思いますので、ブループラン据え置き状態になってしまった件は妥協の範囲と納得することにしました。

それにしてもSoftBankの料金プランは、特定の料金プランが一見お得に見えることがありますが、結局どの料金プランを選んでもそれほど大きな差がないようにうまく作ってありますね。

余談ですが、iPod touch 16GBは今後は妻が使うことになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »