« iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後 | トップページ | SoftBank、「パケットし放題」の値下げとブループラン「パケット定額(フル/Biz)」の廃止 »

Sun Microsystems、iPhone SDK公開を受けてiPhone向けJava MEの開発を表明

Sun MicrosystemsはiPhone SDKの公開を受けて、iPhone向けJavaプラットフォームを開発することを明らかにしました。

これが実現されるならば、Java開発者にとってはとても嬉しいニュースです。しかしながら、Java on the iPhoneに関しては2つの観点で心配な点があります。

まず1点目は、前のエントリで書いたように、VMやスクリプト言語環境のランタイムとそのランタイムを前提とするアプリケーションの両方がサードパーティソフトウェアであるという構成を、iPhone OSがサポートするかどうかが現時点で不透明であるということです。Javaランタイム環境がiPhone OS 2.0に予め含まれる構成になるのであればおそらく問題はないのでしょうが、現時点ではAppleはiPhoneにJavaを載せることに関してはあまり積極的ではありません。LeopardのXcode 3.0でCocoa Javaプロジェクトがサポートされなくなったことからも、AppleがJavaの採用に積極的でなくなったことが分かります。

2点目は、iPhone OSのユーザインタフェース(Core touch)はJava MEの標準APIでだけではサポートしきれないということです。これはJava SEを採用するとしても同様です。iPhoneアプリケーションの魅力は、Multi-Touchイベント/コントロールと加速度センサ(Accelerometer)が利用できることによるものが大きいです。これらのAPIやiPhone独特のUIがJava APIで利用できないのであれば、iPhone開発者が開発言語として積極的にJavaを採用する理由がありません。おそらく、これらiPhoneの独自機能を利用できる拡張APIをJava MEに追加することになるのだろうと思います。

いずれにしてもiPhone OS 2.0を取り巻く各社の動向には暫く目が離せません。

|

« iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後 | トップページ | SoftBank、「パケットし放題」の値下げとブループラン「パケット定額(フル/Biz)」の廃止 »

iphone」カテゴリの記事

ipod」カテゴリの記事

java」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/40438664

この記事へのトラックバック一覧です: Sun Microsystems、iPhone SDK公開を受けてiPhone向けJava MEの開発を表明:

« iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後 | トップページ | SoftBank、「パケットし放題」の値下げとブループラン「パケット定額(フル/Biz)」の廃止 »