« MacBook 2.4GHz Core 2 Duoがやってきた! | トップページ | Core 2 Duo Mac上のVMWare Fusionで32bit Solaris 10を動作させるTIPS »

MacBook 2.4GHz Core 2 DuoのSATAホストアダプタはSATA-150


以前のエントリで、MacBookのSerial ATAのホストアダプタは初代以降もSATA-150かどうかの質問を頂いていて、回答がそのままになっていたのを思い出して、先日届いたMacBook 2.4GHz Core 2 DuoのシステムプロファイラでSerial ATAのチップ情報を調べてみました。



結果は以下の通りで、SATAホストアダプタのチップはIntel ICH8-M AHCIとなっており、規格上は初代と同じSATA-150となります。また、Blackモデルに内蔵されているハードディスクは、Fujitsu MHY2250BH(250GB, 5400rpm)です。


Macbookc2dsata150


一方、初代のMacBookもSATA-150ですが、チップの型番は異なりIntel ICH7-M AHCIとなっています。


Macbookcdsata150


最近では、SATA-300なドライブも出回っており、MacBookへ内蔵されている方の報告もちらほら見かけるようになりましたが、ホストアダプタが上記の通りのため実際の性能はSATA-150ドライブとあまり変わらないと思われます。

|

« MacBook 2.4GHz Core 2 Duoがやってきた! | トップページ | Core 2 Duo Mac上のVMWare Fusionで32bit Solaris 10を動作させるTIPS »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook 2.4GHz Core 2 DuoのSATAホストアダプタはSATA-150:

« MacBook 2.4GHz Core 2 Duoがやってきた! | トップページ | Core 2 Duo Mac上のVMWare Fusionで32bit Solaris 10を動作させるTIPS »