« rsyncでリモート・バックアップ・サーバの構築(Time Capsuleの代替案) | トップページ | iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後 »

Jay Freeman氏、Debian APTベースの新しいパッケージマネージャCydiaをリリース

Cydiaicon

iPhone/iPod touch向けにJavaベースのUIKitレイヤJocStrapを開発したJay Freeman (saurik)氏が、Linuxの世界では有名なDebianパッケージマネージャAPTをベースに新しいiPhone/iPod touch向けパッケージマネージャをリリースしました。

iPhone向けのパッケージマネージャとしては既にapptapp Installerが不動の地位を確立していますが、より標準的で実績のあるDebianパッケージを採用したことにより、バージョン管理や多段の依存関係管理ができるメリットがあるだけでなく、多くのUNIX資産をiPhoneに移植・配布する敷居が1つ低くなったと言えます。

それよりも、もっと嬉しいメリットとして以下が挙げられます。

  • ファームウェア1.1.3から問題を起こしているBSD Subsystemのpasswdコマンドによる/etc/master.passwd破壊の問題が解決する
  • ファームウェア1.1.3から、mobileアカウントでsshログインしようとすると直ぐに接続が解除されてしまう問題(rootアカウントでは問題なし)が解決している
  • ruby: GCのバグを修正した新しいバージョンがインストールでき、irbやrubygemsがきちんと使えるようになっている
  • python: PyObjCが使えるようになり、pythonからでもUIKitベースのGUIアプリケーション開発ができるようになっている

その他、X11のクライアントライブラリが移植されているようで、テストアプリとしてxeyesが用意されています。残念ながら私の環境ではsshのX11 forwardingがうまくいってなくて表示できていませんが、将来的にX11アプリケーションも充実していく可能性があります。

パッケージマネージャのCydia.appそのものはInstaller.appのSystemカテゴリからインストールできます。ただし、ここで注意しなければいけないのは、Cydiaをインストールする前にルートパーティションに35MB程度の空き容量が必要だということです。私の場合は、Java関連一式、Ruby、Pythonを削除(いずれもCydiaから新しいバージョンをインストール可能)して、35MBの空きを確保できました。

またもう一つの注意点は、CydiaのインストールプロセスはBSD Subsystemのアンインストール、デフォルトで用意されるBSD Subystem互換セットのインストールやディレクトリの移動などに少し時間がかかります。ですので、iPhone/iPod touchが自動スリープしないように、予め「設定>一般>自動ロック」を「しない」に設定しておいてからCydiaのインストールを開始することをお勧めします。

インストールが完了したら、Cydiaを起動後、右上の丸い矢印のアイコンを(ちょっと押しにくいですが)タップするとパッケージリストを取得して、様々なアプリケーションをインストールできるようになります。ユーザインタフェースはInstaller.appとそっくりなのでほとんどの方は迷わず使えると思います。

CydiaCydia2

Cydiaのインストールが完了した時点では、/usr/shareが丸ごと/private/var/shareに移動されているため、ルートパーティションの空き容量は私の場合35MBから123MBに増えました。

また、Cydia.appとInstaller.appの共存も可能なようです。既存のアプリケーションの中には従来のBSD Subsystemに依存しているものも多いのですが、Cydia.appではBSD Subsystem互換セットがインストールされるため基本的に問題ありません。後は、CydiaとInstallerの両方に同じアプリケーションが登録されている場合があるので、両方に登録されているアプリケーションをどちらか片方のパッケージマネージャでのみアップデートするように気をつければ問題ないと思います。

なお、JamVM、JocStrapなどJava開発ツールは今後Cydiaでのみアップデートしていくようなので、Java on iPhoneに興味のある方はCydiaの導入をお勧めします。

|

« rsyncでリモート・バックアップ・サーバの構築(Time Capsuleの代替案) | トップページ | iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後 »

iphone」カテゴリの記事

ipod」カテゴリの記事

java」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/40324679

この記事へのトラックバック一覧です: Jay Freeman氏、Debian APTベースの新しいパッケージマネージャCydiaをリリース:

» iPod touchの新しいパッケージマネージャ「Cydia」 [Eternal Beta]
さてZiPhone 3.0で、iPod touch 16Gを、再度jailbreak 1.1.4する破目になったのは、Cydiaをインストールしようとしたからなのでした。 「Cydia」は、Jay Freeman (saurik)さんがリリースした、「Installer」とは異なるパッケージマネージャです。 Installer上での、Source...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 03時47分

« rsyncでリモート・バックアップ・サーバの構築(Time Capsuleの代替案) | トップページ | iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後 »