« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »

Core 2 Duo Mac上のVMWare Fusionで32bit Solaris 10を動作させるTIPS

Core 2 DuoのMacBookでVMWare Fusionを使用すると64bit OSをゲストOSとして使用できるようになります。しかし、Core Duo時代に32bitモードで作成しておいたSolaris 10のイメージをCore 2 DuoのVMWare Fusionで実行すると、64bitモードで起動しようとして以下のダイアログが出た後、起動に失敗して強制リブートがかかります。

Vmware32biton64bit

おそらく、vmxファイルに32bitモードを明示するオプションが必要なのだろうと思い、検索してみたところ比較的簡単に解決策を見つけました。

具体的には以下の一行をvmxファイルに追加した後にゲストOSを起動すると、32bitモードのSolaris 10が正常に起動しました。

monitor_control.disable_longmode = 1

一応、この設定のままでも使用上不都合はなさそうですが、上記サポートドキュメントを見るとこの設定のままにしておくことは推奨しないということらしいので、一旦32bit Solaris 10が起動したらrootアカウントから、以下のようにEPROMの設定をした方がいいそうです。

# eeprom boot-file=kernel/unix

EPROMの設定をした後は、vmxファイルに追加したmonitor_control.disable_longmode = 1の行を削除しても、きちんと32bitモードでSolaris 10が立ち上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook 2.4GHz Core 2 DuoのSATAホストアダプタはSATA-150

以前のエントリで、MacBookのSerial ATAのホストアダプタは初代以降もSATA-150かどうかの質問を頂いていて、回答がそのままになっていたのを思い出して、先日届いたMacBook 2.4GHz Core 2 DuoのシステムプロファイラでSerial ATAのチップ情報を調べてみました。

結果は以下の通りで、SATAホストアダプタのチップはIntel ICH8-M AHCIとなっており、規格上は初代と同じSATA-150となります。また、Blackモデルに内蔵されているハードディスクは、Fujitsu MHY2250BH(250GB, 5400rpm)です。

Macbookc2dsata150

一方、初代のMacBookもSATA-150ですが、チップの型番は異なりIntel ICH7-M AHCIとなっています。

Macbookcdsata150

最近では、SATA-300なドライブも出回っており、MacBookへ内蔵されている方の報告もちらほら見かけるようになりましたが、ホストアダプタが上記の通りのため実際の性能はSATA-150ドライブとあまり変わらないと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook 2.4GHz Core 2 Duoがやってきた!

注文してあった新しいMacBook 2.4GHz Core 2 Duoが到着しました。今までメインで使用していた初代MacBookを購入したのがこのブログを始めた2006年の6月なので約2年前になります。思い返せば、2006年はAppleがPowerPCからIntelへの移行を実行した年であり、あれからもう2年も経ったのだなと思うと感慨深いものがあります。MacBook Airが出たときにはどちらにしようか迷いましたが、VMWareをストレスなく使用できる量のメモリ(4GB)を積める機種が欲しい、でもMacBook Proほどのスペックは必要ないということで、今回もMacBookになりました。

About_macbook_c2d

Core 2 Duoになった今でもMacBookのデザインは全く変わっていません。私は初代MacBookを手放す気は全くないので、2つのMacBookが区別できるようにするだけのために、今回はスペシャルバージョンのBlackを選択しました。現行のMacBook Blackは内蔵ハードディスクが250GBのため、ハードディスクのアップグレードも必要ありません。見た目はほとんど変わりませんが、以下のようにできることが増えたため大変満足です。

  • 内蔵メモリが4GBになったため、VMWareで複数のゲストOSあるいは、Solaris 10で複数のゾーンを組むのにメモリの心配がなくなった
  • Core 2 Duoになったおかげで、VMWareで64bit OSを試せるようになった
  • Core 2 Duoになったおかげで、未だに開発者プレビュー状態のApple純正のJava SE 6が試せるようになった

本日は雨の祝日ということもあり、rsyncのバックアップディスクからホームディレクトリを新しいMacBookにリカバリし、XCode、VMWare Fusion、Parallels for Desktop for Macをインストール、携帯電話などのBluetooth機器のペアリングをやり直す作業を行って、旧MacBookからの環境移行ができました。

最近のMacはファンクションキーにデフォルトでアサインされている機能が増え(特にiTunesコントロールのためのF7〜F12)、デフォルトでアサインされている機能も変更になっています。私は空いているファンクションキーにQuickeysを使ってよく使う機能を割り当てています。通常iTunesの操作にファンクションキーを使うことはないので、システム環境設定の「キーボードとマウス」で「F1、F2などの全てのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックをつけ、従来の操作と同じようにしました。この状態でファンクションキーに刻印されている機能を呼び出したいときは、Fnキーを組み合わせることで実現できます。例えば、スピーカのボリュームを上げるときは、Fn+F12となります。

Keyandmouse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SoftBank、「パケットし放題」の値下げとブループラン「パケット定額(フル/Biz)」の廃止

ソフトバンクは、Xシリーズ向け「PCサイトダイレクト」における「パケットし放題」の上限額を10,290円(税込)から9,800円(税込)に値下げすることを発表しました。

これと同時に、ドコモ対抗プランとしてのブループラン専用の「パケット定額フル」(PCサイトブラウザ用)と「パケット定額Biz」(PCサイトダイレクト用)を廃止することを発表しています。「パケット定額フル」と「パケット定額Biz」への申し込み受付は3月31日(月)で終了しますが、一旦契約すればプラン変更しない限りは4月以降も同割引サービスは受けられるとのことです。

「パケット定額Biz」は月額5,985円(税込)の固定のため、パケットを多く使用するヘビーユーザは上限額が低く抑えられる他、PCサイトダイレクトを含めてパケット単価が0.02円/パケットと最安(一方、「パケットし放題」は0.8円/パケット)のため、ほとんどのXシリーズユーザはブループラン/ブループラン・バリューを選択していたと思います。

現在705NK(N73)でオレンジプランXエコノミーな私は、X02NK(N95)への機種変更と同時にブループラン・バリュー+パケット定額Bizへの切り替えを予定していましたが、上記発表により計画変更を余儀なくされました。現在考えられる代替案としては、

  • プラン1:3/31までにブループラン・バリューSS+パケット定額Bizで現WM機に機種変更
  • プラン2:4月以降にブループラン・バリューSS+パケットし放題でN95に機種変更
  • プラン3:4月以降にブループラン・バリューSS+パケットパック60でN95に機種変更
  • プラン4:プラン1に加えて、パケット定額Bizのまま4月以降にN95に機種変更

プラン3はパケット定額Bizと同様パケット単価が0.02円/パケットとなるため悪くない選択肢かもしれません。しかし、個人的なPCサイトダイレクトの目的としては、iPod touchのWiFiルータとしての役割を考えているため、上限額の制限がないパケットパックは不安が残ります。パケットパック60で運用できる可能性もありますが、一度はパケット定額Bizで契約してみて自分が想定する使い方でどの程度のパケットを消費するかを評価してみたいです。4月以降では、パケットパック60→パケット定額Bizの戻り道はないのですから。

また、プラン4は基本的にあり得ないと考えています。現在のXシリーズに個人的に惹かれる端末はありませんので、現在のXシリーズの端末価格が7万円以上であることから、かなり無駄な投資になります。WM機は好みではありませんが、やはり今月中の機種変更が個人的な妥協案かもしれません。仮に、その後N95に機種変更するとしても、新スーパーボーナスの特別割引を1年ぐらいは受け取ってからでないと割に合わないと思います。

またちょっと視点を変えると、パケット定額による上限額の制限を諦めるなら、以下のような案もあります。

  • プラン5:ブループランSS+パケットパック60と個人輸入のN82

最近の円高傾向を考えれば、N82は5万円程度で入手できますし、+J for S60の登場で日本語環境の導入もかなり改善されています。キャリアの縛りを受けずに自分の使いたい端末を欲しいときに買って使えるという意味では、ブループランSS+パケットパック60という案が一番精神衛生上好ましい選択肢かもしれません。

いずれにしても、ソフトバンクの24時間以内の他社新料金プランに対する対抗の公約が崩れ始めていますので、キャリアに縛られないモバイルライフを模索していかなければいけないと思います。

【追記 2008.3.28】

ふと思い立って、上記とは違う以下のプランを実行してみることにしました。

  • プラン6:3/31までに機種変更はせず、料金プランだけブループランSS+パケット定額Bizに変更しておき、4月以降N95が発売されたタイミングで機種変更する

現在使用中の705NK(N73)ではPCサイトダイレクト(open接続)はできませんが、Wap Browser接続は定額の範囲内に入ります。X02NK(N95)に機種変更するまではパケット定額Bizの¥5,985(税込)が割高ですが、積極的には使用したくないWindows Mobile機に何万円も投資するよりはずっとましな回避策だと思います。

X02NK(N95)に機種変更するときに、ブループラン・バリューSS+パケット定額Bizにプラン変更できればなおよいと思いますが、スーパーボーナスの特別割引率がブループラン・バリューよりもブループランの方が有利ですので、仮にパケット定額Bizを残したままブループラン・バリューに変更できなくてもそれほど不利にはなりません(例えば、現在のX02HTを例にすれば、ブループランSS(家族割MAX)が¥1,785に対して1年以上の機種変更の特別割引が¥1,500で実質的な自己負担分の差額が¥285。一方、ブループラン・バリューSS(家族割MAX)が¥945に対して特別割引が¥850で差額が¥95。両者の差は¥190程度)。

とりあえず、最初のステップとしてMySoftbankからブループランSS+パケット定額Bizへのプラン変更だけは済ませておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Sun Microsystems、iPhone SDK公開を受けてiPhone向けJava MEの開発を表明

Sun MicrosystemsはiPhone SDKの公開を受けて、iPhone向けJavaプラットフォームを開発することを明らかにしました。

これが実現されるならば、Java開発者にとってはとても嬉しいニュースです。しかしながら、Java on the iPhoneに関しては2つの観点で心配な点があります。

まず1点目は、前のエントリで書いたように、VMやスクリプト言語環境のランタイムとそのランタイムを前提とするアプリケーションの両方がサードパーティソフトウェアであるという構成を、iPhone OSがサポートするかどうかが現時点で不透明であるということです。Javaランタイム環境がiPhone OS 2.0に予め含まれる構成になるのであればおそらく問題はないのでしょうが、現時点ではAppleはiPhoneにJavaを載せることに関してはあまり積極的ではありません。LeopardのXcode 3.0でCocoa Javaプロジェクトがサポートされなくなったことからも、AppleがJavaの採用に積極的でなくなったことが分かります。

2点目は、iPhone OSのユーザインタフェース(Core touch)はJava MEの標準APIでだけではサポートしきれないということです。これはJava SEを採用するとしても同様です。iPhoneアプリケーションの魅力は、Multi-Touchイベント/コントロールと加速度センサ(Accelerometer)が利用できることによるものが大きいです。これらのAPIやiPhone独特のUIがJava APIで利用できないのであれば、iPhone開発者が開発言語として積極的にJavaを採用する理由がありません。おそらく、これらiPhoneの独自機能を利用できる拡張APIをJava MEに追加することになるのだろうと思います。

いずれにしてもiPhone OS 2.0を取り巻く各社の動向には暫く目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone SDK β公開とアプリケーション配布の今後

もうご覧になった方も多いと思いますが、3月6日にiPhoneソフトウェアのロードマップが発表され、そのプレスイベントのビデオが公開されています。

iPhoneソフトウェアは6月にバージョン2.0となる予定で、エンタープライズ向けに以下の広範囲な機能追加が行われることになっています。

  • Push email/calendar/contacts (MS ActiveSync)
  • Global address list
  • Cisco IPsec VPN
  • Certificates and Identities
  • WPA2/802.1x
  • Enforced security policies
  • Device configuration
  • Remote wipe

また、同時にデベロッパー向けに公開されたiPhone SDKのβ版では、Core OS/Core Services/Media/Core Touchの全てのレイヤのAPIのドキュメントおよびサンプルコードが公開されています(上記、2.0の仕様は非公開)。

アプリケーションの配布については、予想通りiTunes Storeの音楽配信と同様にAppleが管理するApp Storeからの配信によるインストールのみが許されることになりました。このアプリケーション配信サービスを利用するデベロッパーはアプリケーションの有償無償に関わらず、$99のiPhone Developer Program(または$299のEnterprise Program)に加入しなければなりません。

ここで気になるのは、App Store開始後のjailbreakを前提とした従来のパッケージマネージャであるapp tapp InstallerCydiaの将来です。Appleは登録依頼のあったアプリケーションの登録を拒否することもできるため、InstallerやCydiaのようなAppleのコントロール下にできない二次配布を行うソフトウェアのApp Storeへの登録を拒否するかもしれません。また、仮にこれら二次配布を行うソフトウェアが許可されたとしても、ルートディレクトリ配下にインストールされることを前提としたアプリケーションはインストールできない可能性が高くなります。アプリケーションのインストール先はディレクトリ~mobile/Applications/配下に限定されることになるでしょう。JavaやRubyなどのサードパーティのラインタイムとそのランタイムを前提としたサードパーティのアプリケーションという構成や、実行にルート権限を必要とするsshdなどのデーモン型のアプリケーションをiPhone OS 2.0配下で実現可能かは現在のところ不透明です。

App Storeによるサードパーティアプリケーションの配布システムはおそらく成功するでしょう。しかし、もし、Flash、Java、Ruby、Pythonなどのランタイム環境のどれをiPhone OSとして採用するかがAppleのビジネス的な方針によってコントロールされるようになるのであれば、大変残念なところです。

6月のApp Storeの開始を待ってみなければ上記の詳細は分かりませんが、iPhone/iPod touchがオープンプラットフォームとしても魅力的なデバイスでいてくれることを望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jay Freeman氏、Debian APTベースの新しいパッケージマネージャCydiaをリリース

Cydiaicon

iPhone/iPod touch向けにJavaベースのUIKitレイヤJocStrapを開発したJay Freeman (saurik)氏が、Linuxの世界では有名なDebianパッケージマネージャAPTをベースに新しいiPhone/iPod touch向けパッケージマネージャをリリースしました。

iPhone向けのパッケージマネージャとしては既にapptapp Installerが不動の地位を確立していますが、より標準的で実績のあるDebianパッケージを採用したことにより、バージョン管理や多段の依存関係管理ができるメリットがあるだけでなく、多くのUNIX資産をiPhoneに移植・配布する敷居が1つ低くなったと言えます。

それよりも、もっと嬉しいメリットとして以下が挙げられます。

  • ファームウェア1.1.3から問題を起こしているBSD Subsystemのpasswdコマンドによる/etc/master.passwd破壊の問題が解決する
  • ファームウェア1.1.3から、mobileアカウントでsshログインしようとすると直ぐに接続が解除されてしまう問題(rootアカウントでは問題なし)が解決している
  • ruby: GCのバグを修正した新しいバージョンがインストールでき、irbやrubygemsがきちんと使えるようになっている
  • python: PyObjCが使えるようになり、pythonからでもUIKitベースのGUIアプリケーション開発ができるようになっている

その他、X11のクライアントライブラリが移植されているようで、テストアプリとしてxeyesが用意されています。残念ながら私の環境ではsshのX11 forwardingがうまくいってなくて表示できていませんが、将来的にX11アプリケーションも充実していく可能性があります。

パッケージマネージャのCydia.appそのものはInstaller.appのSystemカテゴリからインストールできます。ただし、ここで注意しなければいけないのは、Cydiaをインストールする前にルートパーティションに35MB程度の空き容量が必要だということです。私の場合は、Java関連一式、Ruby、Pythonを削除(いずれもCydiaから新しいバージョンをインストール可能)して、35MBの空きを確保できました。

またもう一つの注意点は、CydiaのインストールプロセスはBSD Subsystemのアンインストール、デフォルトで用意されるBSD Subystem互換セットのインストールやディレクトリの移動などに少し時間がかかります。ですので、iPhone/iPod touchが自動スリープしないように、予め「設定>一般>自動ロック」を「しない」に設定しておいてからCydiaのインストールを開始することをお勧めします。

インストールが完了したら、Cydiaを起動後、右上の丸い矢印のアイコンを(ちょっと押しにくいですが)タップするとパッケージリストを取得して、様々なアプリケーションをインストールできるようになります。ユーザインタフェースはInstaller.appとそっくりなのでほとんどの方は迷わず使えると思います。

CydiaCydia2

Cydiaのインストールが完了した時点では、/usr/shareが丸ごと/private/var/shareに移動されているため、ルートパーティションの空き容量は私の場合35MBから123MBに増えました。

また、Cydia.appとInstaller.appの共存も可能なようです。既存のアプリケーションの中には従来のBSD Subsystemに依存しているものも多いのですが、Cydia.appではBSD Subsystem互換セットがインストールされるため基本的に問題ありません。後は、CydiaとInstallerの両方に同じアプリケーションが登録されている場合があるので、両方に登録されているアプリケーションをどちらか片方のパッケージマネージャでのみアップデートするように気をつければ問題ないと思います。

なお、JamVM、JocStrapなどJava開発ツールは今後Cydiaでのみアップデートしていくようなので、Java on iPhoneに興味のある方はCydiaの導入をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »