« MacBook 2.4GHz Core 2 DuoのSATAホストアダプタはSATA-150 | トップページ | iPhone 3Gの専用USIMについて »

Core 2 Duo Mac上のVMWare Fusionで32bit Solaris 10を動作させるTIPS


Core 2 DuoのMacBookでVMWare Fusionを使用すると64bit OSをゲストOSとして使用できるようになります。しかし、Core Duo時代に32bitモードで作成しておいたSolaris 10のイメージをCore 2 DuoのVMWare Fusionで実行すると、64bitモードで起動しようとして以下のダイアログが出た後、起動に失敗して強制リブートがかかります。


Vmware32biton64bit


おそらく、vmxファイルに32bitモードを明示するオプションが必要なのだろうと思い、検索してみたところ比較的簡単に解決策を見つけました。




具体的には以下の一行をvmxファイルに追加した後にゲストOSを起動すると、32bitモードのSolaris 10が正常に起動しました。



monitor_control.disable_longmode = 1


一応、この設定のままでも使用上不都合はなさそうですが、上記サポートドキュメントを見るとこの設定のままにしておくことは推奨しないということらしいので、一旦32bit Solaris 10が起動したらrootアカウントから、以下のようにEPROMの設定をした方がいいそうです。



# eeprom boot-file=kernel/unix


EPROMの設定をした後は、vmxファイルに追加したmonitor_control.disable_longmode = 1の行を削除しても、きちんと32bitモードでSolaris 10が立ち上がりました。

|

« MacBook 2.4GHz Core 2 DuoのSATAホストアダプタはSATA-150 | トップページ | iPhone 3Gの専用USIMについて »

mac」カテゴリの記事

solaris」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Core 2 Duo Mac上のVMWare Fusionで32bit Solaris 10を動作させるTIPS:

« MacBook 2.4GHz Core 2 DuoのSATAホストアダプタはSATA-150 | トップページ | iPhone 3Gの専用USIMについて »