« 1.1.3 jailbreak: iPhone Dev Team Official vs. iJailBreak 0.4.1 | トップページ | rsyncでリモート・バックアップ・サーバの構築(Time Capsuleの代替案) »

Mac OS X 10.5.2 Update: X11.appの日本語環境問題なども改善

本日、Mac OS X 10.5.2 Updateがソフトウェア・アップデートを通じてインストール可能になりました。サポートサイトのアップデートの内容には記述はありませんが、X11.appも2.0から2.1.1にバージョンが上がり、以前のエントリで指摘した以下の問題が解決しています。

  • 日本語キーボード配列を自動認識しない →2.1.1で改善
  • UTF-8対応のxtermがない →2.1.1で改善
  • Cmd-TabでX11.appに切り替えたときXのウィンドウが手前に来ない →2.1.1で改善

まず、日本語配列のキーボードが自動認識されるようになったため、Mac OS X 10.4 (Tiger)時代のシンプルな~/.Xmodmapに戻しました。

私の場合は、shiftキー横の一番右下のキーで「_」(underscore)と「\」(backslash)がきちんと入力できるようにしたことと、emacs用にCmdキーにMeta_Lを割り当てただけのシンプルな定義です。

!
! ~/.Xmodmap
!
keysym underscore = backslash underscore
clear Mod1
clear Mod2
keycode 66 = Meta_L
add Mod2 = Meta_L

また、xtermコマンドはきちんとUTF-8に対応しているため、ロケールがja_JP.UTF-8に設定されていれば、日本語の表示およびkinput2+cannaでの入力も可能になりました。もう、urxvtに頼る必要はありません。

Cmd-Tabでの切り替え時にもX11のウィンドウが手前に表示されるようになったため、LeopardでもX11がやっとまともに使えるようになりました。

X11_211

|

« 1.1.3 jailbreak: iPhone Dev Team Official vs. iJailBreak 0.4.1 | トップページ | rsyncでリモート・バックアップ・サーバの構築(Time Capsuleの代替案) »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/40104608

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X 10.5.2 Update: X11.appの日本語環境問題なども改善:

« 1.1.3 jailbreak: iPhone Dev Team Official vs. iJailBreak 0.4.1 | トップページ | rsyncでリモート・バックアップ・サーバの構築(Time Capsuleの代替案) »