« Snapshot - screen snapshot utility for iPhone/iPod touch | トップページ | 1.1.3 jailbreak後にパスワードを変更するとSpringBoardが再起動を繰り返す問題 »

Remote Diskは単なるファイル共有ではない

Macworld 2008で発表されたMacBook Airは、軽量化・薄型化を実現するためDVDドライブが省略されました。この欠点を補完する機能としてRemote Diskと呼ぶ、ネットワーク上の他のMacのDVDドライブをリモートマウントする機能があります。Steve Jobsのキーノートでは、アプリケーションのインストールの例しか述べられていませんでしたので、それだけなら、AFPファイル共有と何が違うのかと疑問に思うのは普通です。

しかし、Remote Diskの実体は、ミニNetBootサーバとBonjourで構成され、MacBook Airをネットブートすることができ、Mac OS Xを再インストールすることができるようです。

Here's the scoop as they have it right now (and since the product's not shipping yet, specs are subject to change): You can install Leopard via Remote Disk. The host app for RD creates a miniature NetBoot server via Bonjour, so if you've got a bootable OS X DVD in the host machine you can use that disk to boot your MacBook Air. As for Windows XP install disks... well, not so much. Apple reps would not say definitively that you can't do it, but as far as the three people I spoke with are aware, there's no support for booting XP over Remote Disk. If you've got to install XP in Boot Camp, it's an external drive for you.

Windows XP/Vistaのリモートディスクを使ってのBoot Campのインストールは未サポートとのことですが、技術的にはできないはずはないと思われます。

NetBook自身は現状のどのMacでも既に可能になっているため、既存のどのMacでもRemote Diskクライアントになることが可能なのではないかと想像されます。通常の使用状況ではあまり必要性はありませんが、例えば、DVDドライブ故障時のトラブルシュート手段として、Mac OS X ServerがなくともOS再インストールを行ったりすることができるわけです。

Remote Diskのサーバ側のインストーラは、MacBook Airに付属のMac OS XインストールDVDにのみ含まれるようですが、将来的にはMac OS Xの標準機能になっていくと思われます。

|

« Snapshot - screen snapshot utility for iPhone/iPod touch | トップページ | 1.1.3 jailbreak後にパスワードを変更するとSpringBoardが再起動を繰り返す問題 »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/17749792

この記事へのトラックバック一覧です: Remote Diskは単なるファイル共有ではない:

« Snapshot - screen snapshot utility for iPhone/iPod touch | トップページ | 1.1.3 jailbreak後にパスワードを変更するとSpringBoardが再起動を繰り返す問題 »