« Java SE 6(SoyLatte) DPR3, NetBeans and Quaqua | トップページ | iPhone/iPod touch用Java SE実行環境:jikesも利用可能に »

iPod touchで読書しよう - Books.app

Iphonebooks

iPhone/iPod touchをjailbreakすると、InstallerのカテゴリにeBooksというカテゴリがあり、著作権の切れたいくつかのEブックが含まれています。これらのEブックは、カテゴリProductibityにあるBooksというEブックリーダで読むことができます。

eBooksカテゴリにあるEブックはHTMLで整形されたEブックですが、Books.app自身はテキスト形式にも対応しています。また、UTF-8でエンコーディングされていれば、日本語の表示も問題なくできます。例えば、青空文庫で公開されているテキストはShift_JISですが、nkfなどを利用してUTF-8に変換すれば、iPhone/iPod touchをEブックリーダとして利用することができるわけです。

Books.appは、ディレクトリ/var/root/Media/EBooks/配下のファイルを認識しますので、UTF-8変換したテキストファイルをscpコマンドなどでこのディレクトリに転送します。この時、ファイル名は日本語であっても構いません。

$ ls
太宰治「斜陽」.txt 畑仲哲雄「スレイブ」.txt
夏目漱石「明暗」.txt
$ scp * root@xx.xx.xx.xx:~/Media/EBooks/
root@xx.xx.xx.xx's password:
太宰治「斜陽」.txt                     100%  280KB 280.0KB/s   00:00   
夏目漱石「明暗」.txt                  100% 1086KB   1.1MB/s   00:01   
畑仲哲雄「スレイブ」.txt         100%  280KB 279.7KB/s   00:01   
$

sshでiPodにログインしてみるとロケールを設定しても日本語が化けてしまいますが、iPhone/iPod touchのファイルシステムはMac OS Xと同じでロケールに関わらずファイル名のエンコーディングにはUTF-8が使用されているようです。そのため、~/Media/EBooks/をMobileFinder.appで表示させてみても、キチンと日本語のファイル名が表示できますし、Books.appでも以下のように日本語のファイル名でテキストファイルをリストしてくれます。

Iphonebooks1

以下は実際にテキストファイルを表示させたところです。Eブックはスナップジェスチャでもスクロールできますが、画面下のボタンを使ってページめくりした方が圧倒的に便利です。また、画面のタップ1回で画面上部にスクロールバーが現れるため、これを使って任意のページに高速スクロールする事もできます。

Iphonebooks4Iphonebooks5

その他、フォントの拡大/縮小、画面の白黒反転などの機能があり、どこまで読み進めたかはEブック毎に記憶しておいてくれるため、大変便利です。

Iphonebooks7Iphonebooks8

Books.appがサポートしているフォーマットは、HTML形式、テキスト形式以外に、PalmDOCやPluckerにも対応しています。例えば、Project Gutenbergのサイトで公開されているPlucker (.pdb)形式のファイルも以下のように表示することができました。

Iphonebookspdb1

|

« Java SE 6(SoyLatte) DPR3, NetBeans and Quaqua | トップページ | iPhone/iPod touch用Java SE実行環境:jikesも利用可能に »

ipod」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/17253160

この記事へのトラックバック一覧です: iPod touchで読書しよう - Books.app:

« Java SE 6(SoyLatte) DPR3, NetBeans and Quaqua | トップページ | iPhone/iPod touch用Java SE実行環境:jikesも利用可能に »