« NokiaからN82発表:N73サイズでN95と同等機能を搭載 | トップページ | Landon Fuller氏、Mac OS X 10.5 Leopard向けJava SE 6 Developer Preview Release 1を公開 »

MacPortsでiPhoneクロスコンパイル環境をインストール

iPhone/iPod touchの開発ツールは、現在Google Codeのiphone-devプロジェクトでメンテナンスされています。現在のところ正式なバイナリは提供されていないため、iphone-devのWiki "HOWTO build the toolchain"に従ってインストールするか、ここから非公式なバイナリをダウンロードするか、どちらかの方法が知られています。

しかし、MacPortsを利用するともっと簡単にtoolchainをインストールすることができます。インストール手順は、MacPortsにコントリビュートしてくれた、Landon Fullerさんのページに分かりやすく記述されています。

上記リンク先の手順通りに行えば問題なくツールがインストールできるため、あえてここではその手順を繰り返して説明することはしません。

実際には上記手順に加えて、以下のCelso Martinhoさんのブログエントリにリンクされているarm-cc-specsをMacPortsでインストールされた /opt/local/arm-apple-darwin/etc/arm-cc-specと置き換えてあげる必要がありますが、これだけの手順でiPhone/iPod touchのクロスコンパイル環境を手に入れることができます。Mac OS X 10.5 Leopardでも問題ありません。

なお、Landon Fullerさんは、Java SE 6のFreeBSDポートをMac OS Xに移植することにも尽力されています。

|

« NokiaからN82発表:N73サイズでN95と同等機能を搭載 | トップページ | Landon Fuller氏、Mac OS X 10.5 Leopard向けJava SE 6 Developer Preview Release 1を公開 »

ipod」カテゴリの記事

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/17123019

この記事へのトラックバック一覧です: MacPortsでiPhoneクロスコンパイル環境をインストール:

« NokiaからN82発表:N73サイズでN95と同等機能を搭載 | トップページ | Landon Fuller氏、Mac OS X 10.5 Leopard向けJava SE 6 Developer Preview Release 1を公開 »