« Sanyo DMX-HD2より小さく720pで録画可能なDMX-D700発表 | トップページ | Inside Leopard: Java SE 6がない »

MacBookをMac OS X 10.5 Leopardに移行しました。

これまではMac OS Xのアップグレードは、リリースされてからしばらく様子を見て、アプリケーションの互換性などの情報を集めてから行っていました。しかし、Leopardに関しては、なぜかあまり不安な感じがしません。Mac OS Xのマイナーアップデートも5回目を迎え、安心感が高まってきたせいだと思います。

現在、Tiger(10.4)が入っているMacBookに対して、アップグレード(上書き)インストールを行うとしてもなんら不安もなかったのですが、いつものように新しいOSのクリーンインストール後に、/Usersだけをバックアップから復元することにしました。

Mac OS Xのアプリケーションの多くはアプリケーションファイルのコピーだけで済むものが多く、私の場合これらのアプリケーションは、/Applicationsではなく、~/Applicationsフォルダに置いています。そのため、ホームディレクトリを復元すれば、これらのアプリケーションは直ぐに新しいOSで使い始めることができるのです。

インストーラから導入したアプリケーションは、Leopard導入後に再インストールが必要ですが、私の場合、そのようなアプリケーションはそれほど多くないので、大した労力ではありません。参考までに私の行ったLeopard移行手順を示しておきます。

1. システム全体をバックアップ

ホームディレクトリだけのバックアップでも構いませんが、後でTiger(10.4)に戻したくなる可能性もあるので、システム全体を外付けハードディスクにバックアップしておきます。私の場合は、いつものようにrsyncスクリプトで行いました。

$ sudo ~/bin/rsync_osx / /Volumes/BackupHD

2. Leopard(10.5)のクリーンインストール

LeopardのCDをMacBookに入れ、「Install Mac OS X」アイコンをダブルクリックし、「再起動」ボタンを押します。ここでは、クリーンインストールを行うため、「インストール先の選択」画面でボリュームMacintosh HDを選択し、画面下の「オプション」ボタンを押して、「消去してからインストール」を選びます。

インストールが完了した後、最初の再起動でアカウント設定のウィザードが起動するため、ここでTiger(10.4)の時と同じユーザ名でアカウントを作成します。

ここで暫くスッピンの状態のLeopardを楽しみます。

3. バックアップからホームディレクトリのリストア

最後に、バックアップした外付けハードディスクからホームディレクトリだけをリストアします。私はリストアにもrsyncを使用しましたが、ホームディレクトリのリストアには、/Applications/Utilitiesディレクトリにある「移行アシスタント」を使用してもできると思います(おそらく、こちらの方が簡単でしょう)。しかし、私はこのツールに慣れていないので、バックアップに使ったrsyncスクリプトで行いました。

rsyncでリストアするときは、そのユーザでログインしたまま行うとコピーに失敗するファイルが出てくる可能性があるため、最初にrootアカウントを有効にし、リストアはrootアカウントで行いました。rootアカウントを有効にするには、/Applications/Utilitiesディレクトリの「ディレクトリユーティリティ」を使用します。変更するための鍵アイコンをクリックした後、「編集」メニューから「ルートユーザを有効にする」を選択して、rootのパスワードを設定します。

その後一旦ログアウトし、ログインパネルで「その他のユーザ...」を選んでrootユーザでログインします。後は、ターミナルを起動し、バックアップしたディスクにコピーされているrsyncスクリプトを使って、ホームディレクトリをリストアします。以下のような感じです。

念のため今のホームディレクトリもバックアップしておく
# mv /Users/foo /Users/foo.bak

外付けHDからホームディレクトリをリストア
# cd /Volumes/BackupHD/Users/foo/bin
# ./rsync_osx /Volumes/BackupHD/Users/foo /Users

リストアしたアカウントでログインし直せば、ホームディレクトリに保存してあった以前のファイルとアプリケーションが復活しています。

さて、今後のシステムバックアップのワークフローを従来通りrsyncでいくか、Time Machineでいくか、悩ましいところです。

|

« Sanyo DMX-HD2より小さく720pで録画可能なDMX-D700発表 | トップページ | Inside Leopard: Java SE 6がない »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/16891219

この記事へのトラックバック一覧です: MacBookをMac OS X 10.5 Leopardに移行しました。:

« Sanyo DMX-HD2より小さく720pで録画可能なDMX-D700発表 | トップページ | Inside Leopard: Java SE 6がない »