« Inside Leopard: Java SE 6がない | トップページ | Inside Leopard: X11.appと日本語環境の問題 »

Inside Leopard: ついにMac OS XでA2DPが利用可能に

Mac OS XのBluetoothでは従来、ヘッドセット用のプロファイル(HSP)はありましたが、ステレオヘッドフォンのプロファイル(A2DP)には対応していませんでした。Mac OS X 10.5 Leopardでは、ついにA2DPが利用可能になっています。

私の場合は、携帯電話用に使用しているiTech Clip R35をMacBookとペアリングしてみました。

Itech_clip_r35

ペアリングの方法は、ヘッドセットをペアリングモードに変更し、メニューバーのBluetoothアイコンから「Bluetoothデバイスを設定...」を選んで、「Bluetooth設定アシスタント」を起動します。デバイスの種類の選択画面ではヘッドフォンの選択肢はありませんが、ヘッドセットを選択してペアリングを行って問題ありません。

設定が完了すれば、システム環境設定「サウンド」の出力先にヘッドセット以外にヘッドフォンが選択できるようになっています。

Sound_control_panel

iTunesで試してみたところきちんとステレオ音声で聞くことができました。音切れもなく音質も悪くありません。また、今回のBluetoothのアップデートでは、音声/ビデオ リモート制御プロファイル(AVRCP)にも対応しているようで、iTech Clip R35のボタン操作で、再生、ポーズ、次の曲、前の曲をiTunesに対して制御できるようになっていました。

|

« Inside Leopard: Java SE 6がない | トップページ | Inside Leopard: X11.appと日本語環境の問題 »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/16897213

この記事へのトラックバック一覧です: Inside Leopard: ついにMac OS XでA2DPが利用可能に:

» Leopardさんたら、ちゃんと対応してるじゃん! [3step&coffee]
LeopardのBluetoothのステレオ(A2DP)だけが気になっていた、私ですが・・・ 本日、ちょいと検索してみると、ようやっとレポートしてくれている人を発見。 感謝です。〃 ̄∇)ゞアリガトォーーーーーーーーーー♪と遠くから叫んでみる^^; Inside Leopard: ついにMac... [続きを読む]

受信: 2007年11月 7日 (水) 23時06分

« Inside Leopard: Java SE 6がない | トップページ | Inside Leopard: X11.appと日本語環境の問題 »