« MacBookの内蔵HDを250GBに交換 | トップページ | Sanyo DMX-HD1000雑感 »

SISInfo - Symbian 9.1 S60 3rd対応のSISファイル解凍ツール

705NK(N73)では、認証アプリのSISファイルをBluetoothで携帯に転送し、直接SISを開いてインストールことが多いため、Mac上でSISファイルを解凍する状況はほとんどありません。

しかし、テーマのインストールやPythonスクリプトをカスタマイズしてインストールする場合は、やはりSISファイルを展開する必要があります。ところが、S60 3rdからSISファイルのフォーマットが新しくなったようで、従来のMacUnsisPyではこの新しいSISフォーマットを解凍できなくなっているようです。

Jari Sukanenさんのページで公開されているSISInfoは、S60 3rdに対応したSISファイル解凍ツールです。SISInfo自体はPythonスクリプトのみで実装されており、Mac OS Xが標準で持つPythonで問題なく実行できます。

使用方法は簡単で、--helpオプションを指定すると使用方法のヘルプが表示されます。

$ python sisinfo.py --help
usage: sisinfo.py [options]

options:
  -f FILENAME, --file=FILENAME
                        Name of the SIS file to inspect
  -i, --info            Print information about SIS contents
  -s, --structure       Print SIS file structure
  -e PATH, --extract=PATH
                        Extract the files from the SIS file to PATH
  -c, --certificate     Print certificate information
  --version             show program's version number and exit
  -h, --help            show this help message and exit

例えば、SISファイルfoo.sisをディレクトリ~/Desktop/に展開するには以下のように実行します。

$ python sisinfo.py -f ~/Desktop/foo.sis -e ~/Desktop/

あるいは、以下のような関数を~/.bashrcに定義しておくことにより、カレントディレクトリにSISファイルを展開するunsisコマンドが利用可能になります。以下の例は、sisinfoをホームディレクトリにインストールした場合の例です。

unsis () 
{
    python ~/sisinfo/sisinfo.py -f $1 -e .
}

この場合の使用法は以下のような感じです。

$ unsis ~/Desktop/foo.sis

【追記】

上記、SISInfoをベースに、AppleScriptのドロップレットに仕上げたUnsisxPyがyuki_beさんのWikiで公開されています。コマンドラインが苦手な方はこちらを利用されるとよいでしょう。

|

« MacBookの内蔵HDを250GBに交換 | トップページ | Sanyo DMX-HD1000雑感 »

mac」カテゴリの記事

携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/16479882

この記事へのトラックバック一覧です: SISInfo - Symbian 9.1 S60 3rd対応のSISファイル解凍ツール:

« MacBookの内蔵HDを250GBに交換 | トップページ | Sanyo DMX-HD1000雑感 »