« MacPortsでApache2+PHP5 | トップページ | MacPortsでMacFUSE + NTFS-3g »

MacPortsでApache2+SquirrelMail

SquirrelMailは、PHPで書かれたオープンソースのWebメールソフトウェアです。

SquirrelMailはIMAPサーバを対象にメールの読み書きを行うため、他のメールクライアントでアクセスしたときの既読状態が共有できるため、Webブラウザしか利用できない端末からも手軽にメールのチェックが行えます。

N73(705NK)の標準のメールクライアントはIMAPとSMTPに対応していますが、この場合のアクセスポイントは定額対象とはならないAccess Internet経由になるため、気楽には使えませんでした。しかし、N73(705NK)の標準アプリ「ウェブ」を使用すれば、定額AP(Wap Browser)を使用してアクセスすることができるため、通信料の超過を気にせずメールのチェックが行えます。

MacPortsからのSquirrelMailのインストールは、本家のサイトのアーカイブを展開しただけの状態になるため、MacPortsを利用するメリットはほとんどありませんが、バージョンチェックと自動アップデートのメリットはあるため、今回もMacPortsからインストールすることにします。

まず、SquirrelMailをインストールするには、予めApache2とPHPがインストールされている必要があります。以下のエントリを参考にこれらをインストールしてください。

準備ができたら、portコマンドでSquirrelMailをインストールします。

$ sudo port -v install squirrelmail

SquirrelMailは、/opt/local/wwwディレクトリ配下に展開されるため、このディレクトリをApache2のURIにマップするためのAliasを定義します。例えば、/opt/local/apache2/conf/extras-confディレクトリにsquirrelmail.confというファイル名で以下の内容のファイルを作成します。

#
# SquirrelMail
#
Alias /mail /opt/local/www/squirrelmail
<Location /mail>
#    SSLRequireSSL
    Order deny,allow
    Allow from all
</Location>

SquirrelMailにログインするときのパスワードやメールの内容はそのままインターネットを流れてしまいますので、予めApache2でSSLを有効化し、上記のSSLRequireSSLオプションのコメントを外して、SSLでのみSquirrelMailにアクセスできるように設定することをお勧めします。また、必要に応じてアクセス可能なIPアドレスを制限することもお勧めします。

上記設定がhttpd.confから読み込まれるように、/opt/local/apache2/conf/httpd.confに以下の記述を追加します。

# SquirrelMail
Include conf/extras-conf/squirrelmail.conf

次に、SquirrelMailが設定ファイルを読み書きするディレクトリに、Apacheの起動ユーザwwwの読み書き権限を与えます。

$ cd /opt/local/www/squirrelmail/
$ sudo chown -R www:www data

最後に、configureコマンド(または、config/conf.plコマンド)でSquirrelMailの基本設定を行います。最初のトップメニューは以下のように表示されます。

$ sudo ./configure

SquirrelMail Configuration : Read: config.php (1.4.0)
---------------------------------------------------------
Main Menu --
1.  Organization Preferences
2.  Server Settings
3.  Folder Defaults
4.  General Options
5.  Themes
6.  Address Books
7.  Message of the Day (MOTD)
8.  Plugins
9.  Database
10. Languages

D.  Set pre-defined settings for specific IMAP servers

C   Turn color on
S   Save data
Q   Quit

Command >> d

もし、設定に使用するIMAPサーバのソフトウェアが分かっているなら、ソフトウェア毎のメールフォルダ形式などのプリセットがおこなえますので、"D"を選択します。

SquirrelMail Configuration : Read: config.php
---------------------------------------------------------
While we have been building SquirrelMail, we have discovered some
preferences that work better with some servers that don't work so
well with others.  If you select your IMAP server, this option will
set some pre-defined settings for that server.

Please note that you will still need to go through and make sure
everything is correct.  This does not change everything.  There are
only a few settings that this will change.

Please select your IMAP server:
    bincimap    = Binc IMAP server
    courier     = Courier IMAP server
    cyrus       = Cyrus IMAP server
    dovecot     = Dovecot Secure IMAP server
    exchange    = Microsoft Exchange IMAP server
    hmailserver = hMailServer
    macosx      = Mac OS X Mailserver
    mercury32   = Mercury/32
    uw          = University of Washington's IMAP server

    quit        = Do not change anything
Command >> courier

              imap_server_type = courier
         default_folder_prefix = INBOX.
                  trash_folder = Trash
                   sent_folder = Sent
                  draft_folder = Drafts
            show_prefix_option = false
          default_sub_of_inbox = false
show_contain_subfolders_option = false
            optional_delimiter = .
                 delete_folder = true

Press any key to continue...

もし、上記リストに使用しているIMAPサーバがない場合やどのIMAPサーバを使用しているか分からない場合は、"quit"を入力します。

Language preferences(メインメニューの"10")では、以下のようにデフォルトの言語と文字コードを設定します。

SquirrelMail Configuration : Read: config_default.php (1.4.0)
---------------------------------------------------------
Language preferences
1.  Default Language       : ja_JP
2.  Default Charset        : iso-2022-jp
3.  Enable lossy encoding  : false

R   Return to Main Menu
C   Turn color on
S   Save data
Q   Quit

Command >>

Server settings(メインメニューの"2")の例は以下の通りです。ここで、IMAPサーバとSMTPサーバのホストやポート、認証方法など設定します。IMAPSやSMTP over SSLを使用している場合は、TLSオプションをtrueに変更します。

SquirrelMail Configuration : Read: config_default.php (1.4.0)
---------------------------------------------------------
Server Settings

General
-------
1.  Domain                 : example.com
2.  Invert Time            : false
3.  Sendmail or SMTP       : SMTP

IMAP Settings
--------------
4.  IMAP Server            : localhost
5.  IMAP Port              : 143
6.  Authentication type    : login
7.  Secure IMAP (TLS)      : false
8.  Server software        : other
9.  Delimiter              : detect

B.  Update SMTP Settings   : localhost:25
H.  Hide IMAP Server Settings

R   Return to Main Menu
C   Turn color on
S   Save data
Q   Quit

Command >>

SquirrelMail Configuration : Read: config_default.php (1.4.0)
---------------------------------------------------------
Server Settings

General
-------
1.  Domain                 : example.com
2.  Invert Time            : false
3.  Sendmail or SMTP       : SMTP

SMTP Settings
-------------
4.   SMTP Server           : localhost
5.   SMTP Port             : 25
6.   POP before SMTP       : false
7.   SMTP Authentication   : none
8.   Secure SMTP (TLS)     : false
9.   Header encryption key :

A.  Update IMAP Settings   : localhost:143 (other)
H.  Hide SMTP Settings

R   Return to Main Menu
C   Turn color on
S   Save data
Q   Quit

Command >>

General Options(メインメニューの"4")ではデータディレクトリだけを確認し、設定を保存して終了します。

SquirrelMail Configuration : Read: config.php (1.4.0)
---------------------------------------------------------
General Options
1.  Data Directory              : ../data/
2.  Attachment Directory        : $data_dir
3.  Directory Hash Level        : 0
4.  Default Left Size           : 150
5.  Usernames in Lowercase      : false
6.  Allow use of priority       : true
7.  Hide SM attributions        : false
8.  Allow use of receipts       : true
9.  Allow editing of identity   : true
    Allow editing of name       : true
    Remove username from header : false
10. Allow server thread sort    : false
11. Allow server-side sorting   : false
12. Allow server charset search : true
13. Enable UID support          : true
14. PHP session name            : SQMSESSID

R   Return to Main Menu
C   Turn color on
S   Save data
Q   Quit

Command >> q

You have not saved your data.
Save?  [Y/n]: y
Data saved in config.php

Exiting conf.pl.
You might want to test your configuration by browsing to
http://your-squirrelmail-location/src/configtest.php
Happy SquirrelMailing!

以上の設定が完了したら、Apacheを再起動して、http://localhost/mail/src/configtest.php にアクセスして設定をチェックします。

問題がなければ、http://localhost/mail/src/login.phpにアクセスすれば、SquirrelMailへのログイン画面が現れます。

PCから見たときの画面イメージはこちらを参考にして頂くとして、ここではN73(705NK)の標準アプリ「ウェブ」からアクセスしたときのスクリーンショットを紹介します。まずはログイン画面です。

Squirrelmailn731

ログイン直後の最初の画面では705NKの「ウェブ」はフレームに対応していないため、以下のようにフレームの選択画面になります。

Squirrelmailn732

ここで、leftがメールフォルダ一覧で、rightがメール一覧です。ここでrightを選択すれば、以下のようにメール一覧が表示されます。

Squirrelmailn733Squirrelmailn734

メール本文を参照したときは以下のような感じです。

Squirrelmailn735

上記のように1回のログインでメール一覧と1、2通のメールを参照したときのパケット使用量はおよそ100KBぐらいです。料金プランを設定するときの参考にしてみてください。

|

« MacPortsでApache2+PHP5 | トップページ | MacPortsでMacFUSE + NTFS-3g »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/15937467

この記事へのトラックバック一覧です: MacPortsでApache2+SquirrelMail:

« MacPortsでApache2+PHP5 | トップページ | MacPortsでMacFUSE + NTFS-3g »