« iTunes Storeのトップソングを自動再生する | トップページ | i.Tech Clip R35のN73ステレオ再生対応版が到着 »

iSyncを定期的に実行する

705NK(N73)は、iSyncでアドレスブックとiCalの内容を同期できるので、毎日自動的に同期させたいものです。

iSyncを定期的に実行するのはとても簡単です。iSyncはスクリプタブルですので、AppleScriptを定義してcronに登録するだけです。iSyncに同期を指示するスクリプトは、

tell application "iSync" to synchronize

だけでも十分ですが、もし、「Google Calendarから携帯電話(PDA)への一方向iSync」で紹介したようにGoogle CalendarをiCalに取り込んでいる場合は、以下のように、iSyncを実行する前にiCalを起動してGoogle Calendarの最新スケジュールがiCalに取り込まれるようにします。

tell application "iCal" to run
delay 10
tell application "iSync" to synchronize

スクリプトエディタを用いて、上記のスクリプトをアプリケーション形式で適当な場所(~/Library/Scripts/など)に保存します。

後は、上記スクリプトが定期的に実行されるように、crontabコマンドでcronに登録します。

$ crontab -e

crontabの設定変更はviが使われますので、vi特有のキーバインド/コマンドに慣れていない方は予め、viコマンドで練習しておいた方がいいでしょう。

crontabで設定する形式は、「分 時 日 月 曜日 コマンド」です。例えば、毎日夜22:00に同期させたい場合は以下のような設定になります(crontab書式の詳細はmanページcrontab(5)を参照)。

 0 22 * * * open /Users/foo/Library/Scripts/iSyncDevices.app

openコマンドは、CocoaやCarbonで作られたMac OS Xのアプリケーションをコマンドラインから実行するためのものです。openコマンドの引数はあなたがスクリプトを保存した場所で置き換えてください。

また、crontabの設定をGUIで編集するCronniXというアプリケーションもあるそうです。

|

« iTunes Storeのトップソングを自動再生する | トップページ | i.Tech Clip R35のN73ステレオ再生対応版が到着 »

applescript」カテゴリの記事

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/13815374

この記事へのトラックバック一覧です: iSyncを定期的に実行する:

« iTunes Storeのトップソングを自動再生する | トップページ | i.Tech Clip R35のN73ステレオ再生対応版が到着 »