« Google Calendarを携帯から見る | トップページ | ParallelsのゲストOS用にDNSサーバ(BIND)を設定しよう »

Parallels Desktop for Mac build 3036 Betaの新機能。コヒーレントモードが面白い!

Parallelsのフォーラムで新しいベータ版(Parallels Desktop for Mac build 3036 Beta)が公開されています。このベータにはBoot Camp用のパーティションをParallels VM上でブートできるようになる他、非常に多くの新機能が追加されています。

その新機能の中でも最も面白いのが、コヒーレント・モードです。いわゆるルートレスモードで、デフォルトのキーバインドではoption+shift+controlでウィンドウ・モードとトグルで切り替えができます。このモードにすると下図のように、Mac OS XのアプリとWindowsのアプリが共存した表示が可能になります。

Parallels_coherence1

「Mac OS XでGYAOが見れるようになった!」というのが、現状可能な最善の方法で実現できたと言えるのではないでしょうか。

また、MacとWindows間のファイルコピーも、FinderからExplorerにファイルをドラッグ&ドロップすればよいので、非常に便利になったと言えます。

Parallels_coherence2

一つ残念なのは、MacのCmdキーはWindowsキーに割り当てられているため、一度Windowsを前面に持ってくると、Cmd-Tabでのアプリケーション切り替えができなくなってしまうことです。この場合、マウスでMac側アプリのウィンドウかMacのデスクトップをクリックすることで、再びCmd-Tabでのアプリケーション切り替えができるようになります。

また、コヒーレント・モードはWindowsをゲストOSにした場合のみ有効です。SolarisやLinuxでは利用できません。まあ、UNIX系OSであれば、X11.appからゲストOSにログインすれば同様のことはできますのでそれほど問題はありませんね。

その他の変更点は、フォーラムの記事に記述されていますが、参考までに以下にリストしておきます。

  • 新しいlook&feelと改善された使い勝手
  • VMカタログ(VMリスト)
  • ワンクリックVMエイリアス
  • VMウィンドウがリサイズ可能
  • VMウィンドウのリサイズでVM側の解像度が自動切り替え
  • WindowsとMac間でドラッグ&ドロップでのファイルコピー
  • Boot Campパーティションの読み書き
  • Boot Campパーティションのブート
  • Windows PC/Virtual PC/VMWareからParallelsへの移行ツール(Parallels Transporter)
  • 最大50%のグラフィックパフォーマンスの改善
  • USB接続の改善
  • 最大5つの仮想ネットワークデバイス
  • 共有ネットワークとCisco VPNとの共存
  • オンザフライでのネットワーク・モード切り替え
  • Cmd-A/Z/X/C/VがWindows側でも使える
  • パワーオン/オフ/サスペンド/リジューム/ポーズ時のアニメーション
  • オンザフライでの共有フォルダ設定変更
  • CD/FDイメージをステータスバーのアイコンにドラッグしてマウント

このように盛りだくさんの機能追加です。

しかしながら、build 3036はあくまでベータ版です。問題が起こっても構わない環境で試されることをお勧めします。

|

« Google Calendarを携帯から見る | トップページ | ParallelsのゲストOS用にDNSサーバ(BIND)を設定しよう »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/12911631

この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Desktop for Mac build 3036 Betaの新機能。コヒーレントモードが面白い!:

« Google Calendarを携帯から見る | トップページ | ParallelsのゲストOS用にDNSサーバ(BIND)を設定しよう »