« glassfish: Java EEモジュール・デプロイ方法のいろいろ | トップページ | Java EE 5:DIのライフサイクルとコンカレンシー »

Google Calendarから携帯電話(PDA)への一方向iSync

気がつけばどうということはないことですが、Google CalendarをiCalendarデータとしてiCal.appで参照するためのURLをiCal.appの「カレンダー>照会...」メニューに入力すれば、Google Calendar→iCal.app→iSync→携帯電話(or PDA)と簡単にデータを転送することができます。

Google CalendarのiCalendar用URLを知るには、

  1. Google Calendarの左側一番下の"Manage Calendars"リンクをクリック。
  2. 参照したい各カレンダの名前をクリック。
  3. 表示されるCalendar Details画面の一番下のPrivate Addressのうち緑色の"ICAL"というボタンを押すと取得できます(下図参照)。

Google_calendar_ical_url

上の"Calendar Address"の方は共有設定した場合の公開用URLで、下の"Private Address"の方が自分だけが使用する非公開用のURLです。非公開用URLはパスワード・プロテクトされているわけではありませんが、そのURLには他人に知られにくい長めのハッシュコードがつけられています。あなたのカレンダーを秘密にしておくには、非公開用URLを他人に知られないようにすることが必要です。その意味では、セキュリティは弱いですが、まあカレンダが誰かに知られたところで甚大な被害になることはそれほどないでしょう。

この方法のデメリットは、MacのiCal.app上でGoogle Calendarから参照しているスケジュールが編集できないことと、携帯電話(PDA)で編集してもiSyncでMac側には同期できないことです。カレンダの編集は常にGoogle Calendarから行うことになります。

別の方法として、逆にiCal.appのカレンダをマスターとしてWebDAVサーバに公開し、そのURLをGoogle Calendarで取り込む方法もあります。しかし、こちらの場合は、Google Calendar側でのカレンダの編集ができなくなります。そもそも、Google Calendarではパスワード・プロテクトされたWebDAV上のiCalendarファイルは参照できません。

私の場合、常にMacBookを持ち歩いているわけではありません。Macがない環境でもカレンダの参照だけでなく入力もできた方がよいため、暫定的にGoogle Calendarをマスターとして運用することにしています。

最終的には、iCal.appやGoogle CalendarがCalDAVをサポートしてくれたら、E-mailにおけるIMAPプロトコルのように、クライアントや環境に関わらずスケジュールを管理できるようになるでしょう。

|

« glassfish: Java EEモジュール・デプロイ方法のいろいろ | トップページ | Java EE 5:DIのライフサイクルとコンカレンシー »

mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181807/11307728

この記事へのトラックバック一覧です: Google Calendarから携帯電話(PDA)への一方向iSync:

« glassfish: Java EEモジュール・デプロイ方法のいろいろ | トップページ | Java EE 5:DIのライフサイクルとコンカレンシー »